Negla
リンネル インテリア
「リンネル インテリア」という素敵なMOOKに掲載していただきました。そうそうたるショップに並んで当店が!商品の額がウチだけガクッと低くて思わず笑ってしまいました。
OZ magazine
オズマガジンの雑貨特集に掲載していただきました。取材に来てくださった方がわたしの弟によく似ていて、勝手に親しみを覚えてしまいました。どうでもいい小話でスミマセン……。
OZ magazine
オズマガジンの「下町大特集」に、おとなりC.A.G.のグリさんと一緒に載ってます。いいおとなりさんがいるって幸せです。
別マの新増刊 bianca
中学生のころ、近所の友だち三人で「マーガレット」を共同買いしていた。先号はSちゃん、今号はRちゃん、来号はワタシ、という感じ。買ったら回す。発売日が待ち遠しかったな。
女兄弟が多いので、姉妹それぞれが買う漫画、借りる漫画を併せるとかなりの冊数になって、別マに連載されていた漫画もずいぶん読んだ。別マだと、聖千秋さんが好きでした。「イキにやろうぜイキによ」には憧れたなぁ。思えばあれは東京の東側が舞台なんだよね。

さて、そんな話は置いといて。これもちょっと前の話なのですが、別マの新増刊号「bianca」に不思議な形で掲載していただきました。ビアンカちゃんが訪れる古道具やとしてNeglaの店内が使われています。品物だったアンティークボタンも、渡辺カナさんの手によってステキな絵に!掲載されている漫画はどれも読み切り。ひさしぶりに漫画雑誌を熟読しました。やっぱり漫画っていい!
散歩の達人MOOK かわいい東京下町BOOK
少し前のお話ですが。散歩の達人のMOOK「かわいい東京下町BOOK」に掲載していただきました。情報満載な一冊。行ってみたいお店がたくさん載っていた。天気のいい日に自転車走らせようかなぁ。
FUDGE インテリアBOOK
ファッション誌「FUDGE」の別冊という言い方でよいのかな?「FUDGE インテリアBOOK」という雑誌に掲載していただきました。馬喰町のシャレオツショップ・MARKTEの塚本さんが案内する「下町インテリアショップクルーズ」というコーナーです。

取材当日塚本さんが着ていたチェックのシャツ、かわいかった。「かわいいね」っていったら「ポール・スミスだよ」って言われた。さすが。ということで、塚本さんのシャツにもご注目。
OZ magazine

今月号のOZ magazineは下町特集。谷根千エリアにてNeglaも掲載していただきました。そのほか檸檬の実のページでは、店主のイダさんとお隣のグリさんと三人で登場しています。普段からお世話になっているお二方との一枚。いい記念です。

それから、イラストレーターの杉浦さやかさんの「ハジメマシテ谷根千」というページでは、杉浦さんがNeglaを描いてくださっています。高校生のころから雑誌で見ていた杉浦さんの絵。その絵の中に自分がいるなんて不思議なきもちです。などなど、いろんな意味でうれしい一冊となりました。
雑貨屋さんぽ TOKYO

「雑貨屋さんぽ TOKYO」というかわいい本に掲載していただきました。東京都内の雑貨店がたくさん載っています。出不精なものでお店情報にうといわたし……。近いうちあちこち出かけてみようかなぁという気になりました。
nid

「ニッポンの イイトコ ドリ を楽しもう」で「nid」。なるほど!なお名前の雑誌「nid」に掲載していただきました。小ぶりの家具をいくつかご紹介しています。メインの特集は「干し野菜」。わたしもよく野菜を干します。日持ちするようになるし歯ごたえ出るし。今は大根干してます。
アンティークと素敵に暮らす本


昨年の話になりますが「アンティークと素敵に暮らす本」に掲載していただきました。ニワトリとか姫だるまとか、細かいモノたちも載せていただいて、なんだかうれしい。