Negla
淡々と復活させる

古道具って情緒的に売りがちで、それは成り立ちがそうだから自然と言えば自然なんだけど。でも、情緒とは別に、実用の側面もちゃんとあるので、使えなそうなモノや使えなくなったモノをどうやって使えるモノにするかを考え、そのために、目の前にある一見ゴミのようなモノたちを洗ったり、直したり、組み合わせたりする。きれいにするとそれまでゴミ同然だったものが急に価値を帯びるからおもしろい。本来の用途においては無価値(壊れた)でも、別の用途においては価値を持つ(使える)場合もある。「こんなものでも売り物になるのか」と言う人もいるけれど、それはその人が「こんなもの」という目で見ているからであって、「こうしたらおもしろい」とか「あれに使える」という目で見る人にとっては、それが価値あるものになる。店にはいろんな人が来るので、心ないことを言われることもあるけれど、その度に心の中で「誰かのいらないものは誰かのいるもの」と唱えている。別に価値観の提供をするつもりもないし、ステキ売りするつもりもない。ただ淡々と誰かがいらなくなったモノを誰かのいるモノに復活させていきたい。